PLAYISM 新作リリース情報

『ロードスDWL』アーリーアクセス開始によせて:Steamやアーリーアクセスについてのミニ説明記事

2020/03/14

本日3月12日に『ロードス島戦記 ーディードリット・イン・ワンダーラビリンスー』(ロードスDWL)がアーリーアクセス開始となります。
「ロードス島戦記」ファンの方は「Steam」や「アーリーアクセス」という言葉になじみのない方もいらっしゃると思います。
そういった方向けに、簡単にはなりますが説明を用意いたしました。

Steamってなに?

Steamというのは、「PCでゲームが遊べるプラットフォーム」です。全世界で1か月で約1億人(!)ほどの人が使っています。
PSやNintendo Switchのようにプラットフォーム購入にお金がかかるのではなく、iOSのAppStoreやAndroidのGooglePlayのように無料で使えます。

SnapCrab_NoName_2020-3-12_12-35-58_No-00
有名なゲームで言えば、「ファイナルファンタジー」シリーズや「DARK SOULS」シリーズなどもたくさん販売されています。
Steamだとものすごく値下げされるときもあり、お得に購入することができますよ!

PCでゲームってパソコンのスペックが高くないと無理なのでは…?

と思われる方もいらっしゃると思いますが、「ロードスDWL」はなんと約50MB。高スペックなPCでなくても問題なく遊べます!

●ロードスDWL必要スペック:

  • OS: Windows 2000 / XP / Vista / 7 / 8 / 10
  • プロセッサー: Intel Core2 Duo or higher
  • メモリー: 2 GB RAM
  • グラフィック: Open GL compliant video card
  • ストレージ: 50 MB 利用可能

どうやって使うの?

導入は非常に簡単で、「Steam」をDLして、セットアップしてアカウント作ったらもう完了!あとはゲームを購入するだけです。
具体的な手順はアスキーさんの記事がとても詳しいので、是非ご覧ください!

では「アーリーアクセス」って何?

アーリーアクセスというのは、開発中のゲームをユーザーに先行してプレイしてもらうことを意味します。完成版を「フルリリース」と言います。

アーリーアクセス版をユーザーにプレイしてもらってフィードバックをもらい、さらにゲームのクオリティをアップさせることを目的としています。ユーザーは通常より早くゲームをプレイすることができ、また自分の意見がゲームに反映されることもあるため、「自分がそのゲームの開発を応援できる」という意味合いを持ちます。

また、アーリーアクセスからフルリリースに移行するときは多くのゲームが値上げをします。アーリーアクセス段階で購入しておくと、その後のアップデートもフルリリース時も追加料金を払うことなくプレイできるので、そういった意味でもユーザーにメリットがあります。

有名なゲームもアーリーアクセス方式で開発されたものも多く、あの『マインクラフト』も『Minecraft Earth』が2019年11月にアーリーアクセスとしてリリースされたばかりです。

「ロードスDWL」の場合は、Steamの「ご要望スレッド」に書き込んでいただければ、要望を開発者に伝えて実装を検討させていただきます。

SnapCrab_NoName_2020-3-12_12-36-44_No-00

Team Ladybugの前作『Touhou Luna Nights』もアーリーアクセスとしてリリースしましたが、その際本当に多くのご要望を世界中から頂き、多くの要望をゲームに採用しました。あなたのご意見がゲームに採用されるチャンスです!

以上が簡単な紹介記事となります。参考になりましたら幸いです。

それでは、『ロードス島戦記 ーディードリット・イン・ワンダーラビリンスー』の皆様のプレイを心よりお待ちしております。

クロワルールシグマ

LA-MULANA 2

-PLAYISM, 新作リリース情報