ゲームイベント

TGSインディーズゲームコーナーの出展一覧を勝手にゆるゆるにまとめた 日本編

2016/06/02

ご存知でしょうか、今年の東京ゲームショウはインディーズゲームコーナーというのが初めてできるんですよ。

日本最大級のゲームイベントにインディーズゲームのコーナーができるというのは、なかなか画期的で素晴らしいことでございます。

それで、誰が出展してるのかなーと調べがてら、インディーズゲームコーナーの出展者の紹介一覧をつくってみました。

なお、まとめ方は、かなり雑です。

とりあえず日本版を。残りはこちらを見るのが宜しいのではないでしょうか。

おそらく間違いないとは思いますが、公表されている一覧の名前を手掛かりにしてるので、
同じ名前の全然違うチームを紹介している可能性は、正直否めない・・・!

また、各開発者様の公式から最新作っぽいモノを載せさせていただいております。
ので、それが出展されるかも謎です。まあ、その辺は行ってからのお楽しみということで。
2Dファンタジスタ

「Flock / フロック」というタイトルの新作を発表されるそうです。
なんだかとっても美しい。

アスタリズム(NIGORO)
PLAYISMで遺跡探索2Dアクション、LA-MULANA配信中。
日本が誇る2Dゲームのインディーズクリエイターです。

新企画をプレイアブル出展だそうな。

サークルやまどん!

PSMのセミナーで講演されてた方。
PSMでノベルゲーム『デッドエンドヴァレンタイン』を配信中。

FullPowerSideAttack.com

PLAYISMでTorqueL配信中。
先日INTELの賞獲ったり、STEAMでデモ版配信されたりと、何かとスゴすぎる方。

IGDA日本

NPO法人国際ゲーム開発者協会日本の方々。
東京ロケテ主催。たぶん、インディーズゲームブース言いだしっぺ。

ちなみに、同人やインディーのイベントとかで
よく名前を聞くために勘違いしがちですが、
インディーゲームデベロッパーアソシエーションではなく、
インターナショナルゲームデベロッパーアソシエーション。

JSIDD

OUYAでゲームを開発されているチーム。
日本在住の海外の方みたい。

Lexaloffle Games

Voxatronというゲームを開発されています。
開発のスペースをカフェとしても活用。そう、それが、ピコピコカフェ。

リンクキット

スマホ用ゲームアプリ、『サムライディフェンダー』を配信。
ダウンロード数は50万越えだそうで。すげー。

N.Kobayashi

ゲーム関連でN.Kobayashiさんならば、
この方かと思うが、N.Kobayashiさんが世の中にいっぱいいるので、
全然関係ない別の方かもしれない・・・。

別の方でした、失礼いたしました・・・。うーむ、情報求む。

何だか申し訳ない気持ちになり、ストーカーのように探してたら、
出展されるというツイートを発見しました。ネットってスゴイな。

なすびあん

ビジュアルノベル『MYTHOS(ミュトス)』を全力で開発中だそうな。
ニコニコ自作ゲームフェスにて「ビジュアルノベル賞」を受賞。

noshipu

どうぶつテニスを配信中のフリーのプログラマーさん。

オニオンソフトウェア

HSPプログラムコンテスト主催!(PLAYISMも協賛中!)

同人ソフトの方で出展されるのか
HSPプログラムの方で出展されるかは、えーとわかりません。

追記:

オニオンソフトではゲーム製作に使えるHSPの展示をメインに出展します! RT@playismJP PLAYISM ブログ: TGSインディーズゲームブースの出展一覧を勝手にゆるゆるにまとめた 日本編 http://t.co/MxRAABKSHu #hsp3
— オニオンソフト (@onionsoftware) September 5, 2013

だそうです!

クアッドアロー

ご存知、PLAYISMでEF-12配信中のクアッドアローさん。
TGSでは、事前に募集した皆がつくったキャラクターを公開されるそうですよ!

どっとびっと

このツイッターアカウントの方だと思いますが、情報求む。。。

9月18日現在、サイトが公開されておりました。
http://studio-dotbit.com/

Studio F#

ゲームだけでなくマンガや音楽なども手掛ける多才なサークルさん。
PSMでも『the Paket Queen』というパズルゲームを配信されております。

スタジオインデックス

スマホゲーブランド『SIET』をお持ちの企業様。
英語や中国語でも作品を配信されるインターナショナルなゲーム開発をされております。

SummerTimeStudio

沖縄のスマートフォン専門のコンテンツ開発会社様。うらやましい。
作品も『沖縄ガーディアン』なんてのがあったりする。

Team Martini

今のところサイトしかなさそうな感じですが、サイトがシャレオツ。

チーム・モンケン

黒川文雄さん、飯田和敏さん、中村隆之さん、納口龍司さんのドリームチーム。
チーム・グランドスラムの間違いなような気もするけど、TGSの表記に準拠。

追記:

チームモンケンで間違いありません!! http://t.co/PvddLhCoZs
— Takayuki Nakamura (@nakataka) September 5, 2013

ということで改名されたそうでございます。勉強不足で失礼いたしました。

モンケン開発のため、CAMPFIREで200万円以上を集めたことでも、結構有名。

ざと

『ボカロ曲をお借りして、ノベルゲーム作ってます。』とのこと。
Cry of Plutoでニコニコゲームフェス幻想ノベル賞。世界観が美しい。

【ニコニコ動画】【オリジナル】MuNiCa~Cry of Pluto【ノベルゲームOP】

・・・という感じでございます。
いずれは公式からきちんとしたものが発表されるでしょうから、
それをお楽しみにということで。

なお、PLAYISMはインディーズゲームコーナーへの出展はしないんですけども、
日本←海外、海外←日本の通訳とか、ライターさんいろいろ紹介したりとか、
出展者のサポートをさせていただく予定ですので、
黄色いシャツ着て会場でウロチョロしてると思います。

(で、ついでにPLAYISMの紹介とかもするというコスイ手を)

見かけたら気軽にお声がけください。

ぜひ皆でインディーズゲームコーナーに足を運びましょう!

クロワルールシグマ

クロワルール・シグマ

-ゲームイベント