インタビュー

rdeinさんの『MOMODORA:月下のレクイエム』開発インタビュー

2016/05/23

インディーゲームは、ゲームそのものもさることながら、作家性の高いものですので、そのゲームをどんな人がつくったのか?どんな想いでつくったのか?どうしてインディークリエイターになったのか?というつくり手のことも気になったりしますよね。

PLAYISMでは、もっと掘り下げた形でゲームを応援していければと思い、制作に至るまでのお話や、どのようにして開発者になったのかなど、普段聞けないようなお話をうかがってみました。 第6弾は、3/4にPLAYISM/Steamにてリリースされた『 Momodora:月下のレクイエム』の開発者rdeinさんにインタビューしてみました。

Momodora 月下のレクイエム

 

rdeinさん、こんにちは!今日はインタビューを受けてくださり、ありがとうございます。まずはじめに、あなたとBombserviceチームの自己紹介をお願いできますか?

こんにちは日本の皆さん、rdeinと申します。Momodoraシリーズのリードデベロッパーをしています。Bombserviceチームの一人で、アート、プログラミング、デザインとサウンドを担当しています。 新しいMomodoraには現在他に3人のメンバーが関わっています。アニメーションとプログラミングの一部を担当したHernan、プログラミング担当のPKBT、そしてサントラを作ってくれたnotoriousKnaveです。

Momodoraシリーズは高難易度で有名ですが、特に今作のハードやそれ以上の難易度はホントにキツイです… あなたの高難易度ゲームについての思い入れを聞かせてもらえますか?

僕はレトロゲームが好きで、今でもこれまでもずっと遊んでいます。なので、それらの難易度が体に染み付いているということでしょうか。難しくしようと思って難しくしているのではなく、作っていたらそうなってしまったという感じです。難しさよりも、遊んで楽しいと思えるゲームを作るのが目標なので。

momodoraのスケッチ

 

高難易度ゲームといえば、あなたのツイッターアカウントではよくフロム・ソフトウェアのデモンズ・ダークソウルシリーズの話が出てきますが、どれを最初に遊びました?また、あのシリーズのどこに惹かれましたか?

そうですね、ダークソウルについてはしょっちゅう話題に出してますね。最初に遊んだのはPC版のダークソウル1です。目を引いたのはステージ構成の緻密さと、その設計理念です。このゲームはあれこれと説明をしないのですが、それが逆にとても面白いと感じました。その方がゲームの神秘性を保てるし、遊び進めるにつれて次々と新しいことを発見できましたから。

Momodoraシリーズを作るきっかけといったものはありましたか?

ビデオゲーム好きならわかると思うけど、これまで遊んできたようなゲームを自分で作ってみたいと思うのは当然じゃないかな?

ゲームアートの方向性についての質問です。和製ゲームやアニメの影響を強く感じますが、そこはどうでしょう?

それは難しい質問ですね。いつでも色んな物に影響を受けてばかりだから。でも… 日本のゲームとアニメの影響はとても大きいというのは確かですよ。なかでもGAINAXのスマートでインパクト大なアニメーションがとても大好きです。

momodoraのスケッチ

 

現在進行形でオススメできるアニメやゲームは何かありますか?

東村アキコの「かくかくしかじか」です。彼女が漫画家になるまでの自伝エッセイ的コミックなんですけど、このストーリーがとても良く出来てます。皆さんも是非読むべきです。

Momodora:月下のレクイエムで気に入っている部分はどこでしょう?

うーん、それは難しいな。Momodoraシリーズで自分にとってとても特別なボスがいるんですけど… 修道院ステージまで進んでからのお楽しみということで!

ストーリーをこれまでのシリーズの続きではなく、前の時代に設定した理由はなんでしょうか?

メインキャラのカホは前作でもチョロっと出てきてたので、彼女を主人公にしたゲームを作ったら面白いなと思ったからです。

Momodora:月下のレクイエムを作る上で問題などありましたか?

いや、ラッキーな事にそれは無かったですね。むしろこれまでで最もスムーズに行ったプロジェクトでした。考えていたほぼ全てのことをゲームの最終版に組み込むことができたというのは、本当に感無量です。

momodora アート

 

Momodoraシリーズの開発において、印象的な出来事などありましたらぜひ。

特別な一瞬、といったものはありませんが、ファンアートを見る時がやはりいつでも感激しますね。それらを見るたびに、もっと頑張るぞ!というモチベーションが湧いてきます。

あなたの夢を教えて下さい。

ずっとゲームを開発し続けていって、リリースする度に進化していくというのができたら良いなと思っています。

PLAYISMのゲームでオススメや、好きなモノはありますか?

もちろんです!ずっと開発室PIXELやNIGORO、ききやまさんの大ファンでした! ケロブラスターLA-MULANAゆめにっきがお気に入りで、全力でオススメします!

このインタビューを読んでいる皆さんに一言お願いします。

このMomodora新作には僕らの愛がこもっています。だから、遊んでくれた皆さんが楽しんでくれればそれが一番うれしいことですね。

クロワルールシグマ

クロワルール・シグマ

-インタビュー