おすすめゲーム

ハクスラの極み!ワラワラアクションRPG『イニシエダンジョン』!

2016/06/02

サマーセールの最中というのに、全然PLAYISMと関係ない作品をご紹介します。というのも、8月20日で一旦プレイできなくなってしまうので。知らなかった方は今すぐプレイしてみましょう。『 イニシエダンジョン』というブラウザゲームです。

追記:2015年7月20日に正式公開され、7月24日現在Ver.1.001にアップデートされております。

イニシエダンジョン タイトル画面

 

スゴイゲームだという気配を一切消した、シンプルなタイトル画面。

以下作品を紹介して参りますが、せっかくなので何も聞かずにとりあえずプレイしてみると、すごく楽しめると思います。フリーのブラウザゲームでここまで良く出来てるってホントにスゴイ!と驚くこと間違いなしです。

イニシエダンジョンとは

miyaさんが個人で開発されている、ブラウザで無料で楽しめるアクションRPGです。と言ってもまだ完成しておらず、ちょくちょくとβ版を公開されております。まだ音楽もないみたいですね。効果音だけ。

いわゆるハクスラ、というヤツで、そもそもハクスラって何、っていう方に説明しますと、ハックアンドスラッシュ(Hack and Slash) の略なのですが、要は敵を倒して、アイテムを手に入れて、さらなる敵を倒すという、ロールプレイングゲームの中でも戦闘の楽しさに重きを置いた作品、と言いましょうか。

とにかくポコポコアイテムが落ちて、戦闘する手がもはや止められません。武器や防具や魔法を装備してクリック操作で敵を倒しながらダンジョンを進んで行くシンプルなゲームですが、パーティーを組んだりボス戦があったり、どんどんド派手になっていくエフェクトと敵の量に、気が付くと1時間経っているという、それはそれは恐ろしいゲームです。

正式公開前から、すでに高い評判

miyaさんのブログ、 moratoriumを遡るに、2011年あたりから開発がスタートしており、かれこれ3年開発が続けられています。初期はこんな感じだったようです。
イニシエダンジョンのプレイ動画。投稿できるかな~?... on Twitpic
前述の通り、ちょくちょくβ版が公開されており、都度都度テストプレイを実施し、磨き上げ続けられています。今回のβ版プレイ参加者数は15,000人以上。個人で開発している作品としては、なかなかの数字でしょう。Twitterのタイムラインでは、『日本のインディーゲーム界の宝の1つ。』との評もありました。(というか、そのコメントを見て知りました)

ガジェット通信さんでも記事になっていました。 あの神ゲー『イニシエダンジョン』の第4回βテスト開催が発表!

おおまかなストーリーとしては、最奥に眠る『不老不死の水』を探すために冒険します。ゲームは突然だんじょんB1からスタートします。

プレイのしやすさ、気持ち良さ

 

イニシエダンジョン 操作方法いわゆるFPS操作でプレイします。Wが上、Sが下。Dが右でAが左。マウスで方向を定めてクリックで攻撃。キーボードだと、たいていのゲームはこれが一番遊びやすくて好き。使うボタンとしては基本的には以上です。シンプルな操作性で、すっとプレイに入り込めます。

inishie_taru

 

敵への攻撃、樽や壺の破壊は、近づくだけで自動で行われます。そして、飛び散る破片がフィールドに残る。このプレイ感に一気に気持ちが引き込まれます。この破壊し尽くす感じが何とも気持ちいいのです。

イニシエダンジョン ボス戦

 

ボス戦ともなると、さらに激しさを増します。無数の敵と、散らばる破片と大量に現れるコイン。ド派手なエフェクトの魔法や技の撃ち合いが織り成す、戦争感、総力戦感がステキ。(ちょっと何やってるかわかんなくなるけど)このとっつきやすさと気持ち良さで、きっとあなたも虜になるでしょう。

やり込み要素

 

イニシエダンジョン 技

敵を倒したり宝箱を開けたりすることで、装備をゲットしていきます。装備には技がそれぞれ指定されており、様々なプレイ感が楽しめます。また、装備には”+”要素があり、普通の剣より、剣+1の方が強く、様々なボーナスが付与されます。この辺りがランダム要素になっていて、究極の武器を追い求めるロマンもあります。

イニシエダンジョン_称号

 

また、称号要素もあります。単なるトロフィーや実績ではなく、取得することでプレイが便利になる称号ばかり。ジョブが増えたりとか、取得EXPが増えたりとか。どんどん便利になって、ますますプレイしたくなりますし、プレイの幅がムリなくどんどん広がっていく仕組みにもなっており、かゆい所に手が行き届いた仕組みになっています。

サクサク進める分、わりと死にやすいゲームですが、死んだ後にもパワーアップして再プレイできる仕組みになっていますので、死んではならないという緊張感もありつつ、死んだらやる気が一気になくなる、ということを防いでもいます。勇気を持ってダンジョンを突き進んで行きましょう。

期待を越え続けてくる完成度

 

イニシエダンジョン ボンチッチ

単純にダンジョンを降りていくだけではありません、その道中にはイベントもあり、現時点でもしっかりつくり込まれています。

イニシエダンジョン 救出

 

脚が折れてしまった人を連れて地上へと戻るシーンでは移動速度が落ちるなど、細かいところまで気が配られております。ダンジョンを潜るという主目的はぶれることなく、そこから派生した形で様々なイベント、出会いがあります。ずっと面白いし、驚かせてくれます。これがスゴイ。

久々に現れた全方位にスゴイゲーム

何だか褒めすぎな気もしてきましたが、いちいち、おおこんな所までと、全方位につくり込まれた作品です。最初のドット絵からすると、あーまたファミコン風のレトロRPGの復活ね、とか、一点豪華主義でスゴイとがったところで勝負してくるんだろうな、と思いきや、ハックアンドスラッシュなダンジョンRPGとしてはかなりの完成度を誇っているように思います。

プレイはこちらからどうぞ!

完成は2014年内だそうです。楽しみ。

クロワルールシグマ

クロワルール・シグマ

-おすすめゲーム