ゲームイベント

BIT SUMMITの参加者様ご紹介

2017/05/07

明後日3月9日京都で行われます、日本のインディーズゲームを海外の人に知ってもらおう!という機会をつくるイベント『Bit Summit』の(たぶん公表していい範囲の)参加者をご紹介します。

Zenith Blue

オリジナル3Dアクションゲーム巫剣神威控(みつるぎかむいひかえ)を開発するチーム。
これはすさまじいクオリティ。

神奈川電子技術研究所

PLAYISM初期から作品を配信いただいている同人サークル様。PLAYISMでは『僕は森世界の神になる』と『天才科学者ばいおるる』を配信中。他とはちょっと目の付けどころが違う、ユニークな作品を開発され続けております。

えーでるわいす

花咲か妖精フリージアETHER VAPORAstebreedなど、すさまじいクオリティの同人ゲームを開発してきたサークル。作品は海外でも販売されており、数少ない世界で通用する日本のインディー。

Winning Blimp

ダブルアルカノイドなiPhoneアプリ『Ambi-ON』を開発したチーム。

Maruchu

HSPプログラムコンテスト2012でPLAYISM賞を受賞されたMaruchu様。カラフルマインは、そろそろ配信します。

RebRank

シューティングの名手とも言うべき同人サークル。RefRainが好きです。

ジニアス・ソノリティ

ドラゴンクエストや弟切草のプログラムを務められた名プログラマー山名学氏が設立した企業。代表作は『電波人間のRPG』。

ドラキュー

ガンハウンドシリーズを開発する企業。ガンハウンドは今、オレ、ゲームやってる…!感が味わえる、ものすごく良いゲーム。

PLAYISM

ウチです。インディーズゲーム開発者の可能性を広げようと、日々やっとります。

Visiontrick

勉強不足で初めて知りました。素晴らしいアートワークです。こ、これが日本のインディーズ…?

Souvenir

クロワルールを開発した同人ゲームサークル様。先日英語版が出ましたよ!

Cavyhouse

『マヨナカマヨイガ』などを開発されているインディーズゲーム開発ユニット様。世界観がとっても素敵。

Nanmo

TGSで開催されているセンス・オブ・ワンダーナイトで2011、2012と2年連続で選出されているツワモノ。

PDW:HOTAPEN

PLAYISMでも配信中の、あまりにクオリティが高すぎる同人格闘ゲーム『ヤタガラス4.3』を開発しているチーム。

SITER SKAIN

同人シューティングのひとつの頂点とも言える『神威』を開発したチーム。

クアッド・アロー

ゲームをつくること自体をゲームにしてしまった『ef-12』を開発。言ってみればMODツールであり、どんなキャラクターもモーションも開発可能。代表の方は、数々の格闘ゲーム開発にも携わって来られた方です。

以上、ここまでがBitSummitサイトで公表済みです。ふー。

ここからは、ファミ通.com様の記事で公表済みの開発者様です。

開発室Pixel

言わずと知れた『洞窟物語』の開発者。日本のインディーズゲームを語る上でこの人の存在は欠かせない。

NIGORO

『洞窟物語』と双璧を成す『La-Mulana』の開発チーム。楢村さんのGDC講演は3月28日、さらにSTEAM配信までたぶんあとちょっとということで、このBitSummitで一気に波に乗るぜ!

ヘキサドライブ

ものすごい開発力を誇る、関西きってのデベロッパー。エクストルーパーズ(E.X.TROOPERS)や大神 絶景版の開発に携わる。

七音社

パラッパラッパーやウンジャマラミーなどを開発された企業様。今なお独創的な作品をリリースされ続けております。

クリスピーズ

代表作は『トーキョージャングル』。狼で東京の地下道を100年間走り回ったなあ・・・。“ジャパニーズスタイル”を維持しながらいかに海外のゲーマーにアピールするかというお話のゲストスピーカーに片岡陽平様が参加予定。

アクセスゲームス

欧米で高い評価を受けた、『レッドシーズプロファイル』を開発された企業。“ジャパニーズスタイル”を維持しながらいかに海外のゲーマーにアピールするかというお話のゲストスピーカーに末弘秀孝様が参加予定。

Brainstorm Co. Ltd.

ブレインストーム兼『チーム・グランドスラム』ですね。もちろん、インディーズゲーム界隈では最近かなりの話題をかっさらった「モンケン」を出展。今年の夏あたりに公開予定で、現在プロジェクトメンバーとか募集されてたりしてます。

エンドレスシラフ

∀kashicverseなどなど素晴らしいゲームを開発される同人サークルさんですね。ビジュアルノベルも出されてるんですねー。知らなかった。

G-Rounding

Xbox 360+Kinect向けに配信予定の『Crimson Dragon』などを出展。メテオス、死ぬほどやりました。

Lexaloffle

名刺はいただいたが、ブースに近づく余裕と空間がなかった・・・。が、なにこれやりたい。

Monstars

『ルミネス』のゲーム考案者で、『Child of Eden』のメインクリエイターの小寺攻氏が設立。現在iOSゲーム『コトモン』などをリリースされております。

Nussoft

蟹VS海老など海中の異種格闘技戦が楽しめる『ネオアクアリウム』の開発者様。同作はPLAYISMでも配信中ですよ。

nyamyam

センスオブワンダーナイト2012に選出されたTengamiを開発するイギリス人と日本人のチーム。Tengamiは2013年夏にiOSとMacが完成予定。

オーツー

コンシューマでゲーム開発したり、web制作されたりしています。素敵なオリジナルゲームブランドpeakvoxを立ち上げられております。

プチデポット

4名で構成される同人サークルさんです。『メゾン・ド・魔王』がXbox360インディーズとPLAYISMでスマッシュヒット中!

Q-Games

主催ミルキー様が在籍する企業。Baiyonさんもご来場。現在、PixelJunk 1-6開発中。楽しみ。

pixeljunk 1-6

王の巣窟

Flashゲームロッコちゃんの生みの親。KickStarterを通じてサントラが出ていたりする。

ロッコちゃん

 

CRAFTS & MEISTER

Wiiのアースシーカーの開発元様でございます。

小松菜屋

同人ゲームのいろんなところで活動されている方。福島ゲームジャムに参加されたり、東京ロケテゲームショーのロゴをつくられたりもしている。そして、BitSummitのまとめを率先してつくられた方。

小松菜屋

 

グランゼーラ

絶対絶命都市で有名な九条さんが率いる開発会社さん。Playstation Home等々でも活躍中。

Himo

センスオブワンダーナイトで受賞してはりましたし、Second Person Shooting Zatoの続編は、いつかPLAYISMで出るらしいですよ。

Pyramid

エルシャダイやパタポンなどの開発に携わられております。

Tango Gameworks

「バイオハザード」を世に放った三上真司氏率いるゲーム開発集団。新作はサバイバルホラー。開発コードネームは「Zwei」。楽しみすぎるで。

Eric Koziol

iOSでSubakuというゲームをリリースされています。

スタジオカリーブ

ゲーム「初音ミク-Project DIVA-シリーズ」「Rez」等開発。

バウモバイル

スマートフォンを専門に素敵なゲームを開発されている企業様。ダブルドラゴンをリリースされています!

Live a Life inc.

じょ、情報求む!

Black Tower

じょ、情報求む!

以下の方は残念ながら当日は不参加でございました・・・。

さつ

RPGフリーゲーム『ふしぎの城のヘレン』をリリースされた方。会ったことないので、会いたかった。

シェード

デストロイガンナーズシリーズが素敵。VITAはもちろん、モバイル作品をやると、そのクオリティに感動します。

たぶんこれですべてだと思います。たぶん。なんか抜けてたら、ご指摘ください。

申し訳ないですが、正直展示作品がわからず、ムービーがなかったり画像がなかったりもしております。また、最新情報や追加情報等々ございましたら、お伝えください。情報は、contact@playism.jpにでも送って頂けると助かります。

なお、このページは、ファミ通.com、Gamespark、ガジェット通信、BitSummit、小松菜屋様の記事を多大に参考にして制作いたしました。感謝します。

クロワルールシグマ

クロワルール・シグマ

-ゲームイベント